2008年09月17日

さゆり食堂-喜多方

パソコンの電池が無くなりアップが遅れました。。

「上海」に続いて2件目のお店

『さゆり食堂』です

ここも行ってみたいお店だったのでとても楽しみにして行きました。

13時前に到着し、並ばず座れました。
調理場がかすかに見えるカウンターに着座し、頼んだのはオーソドックスな

「ラーメン-550円」

出てくるまで調理場を覗いているとドンブリが10個ほど並べられてスープが注がれていきます。

そこへ茹で上がった麺が次々と投入されるのですが、量が多かった器の麺を違う器へ移し変えていました。
それを何度と無く繰り返していて出てくるまで最初のラーメンが配られるまで2分はかかったかな!?

寸胴に入っていた麺は一度に投入されているので最後の方に頼んだ僕のラーメンは茹ですぎの予感がしました。

最初に配られたラーメンからさらに数分経ってようやく到着。



スープは噂どおりの魚系スープ。
かつおだけのスープとは違い、昆布の出汁が風味良く香ります。
他にもいろいろ入っていると思うのですが、鼻詰まりでちょっと味覚障害状態。

麺は予想通り柔らかめ!!

固めと注文してもやわらかいというのは知っていましたが、あの調理方を見て仕方ないと思いました。

超太麺かと思いきや、喜多方で言う普通麺でしょうか!?



でもツルツルでおいしいです。

チャーシューもとろけるチャーシューで連食じゃなければチャーシュー麺が良かったかな?
メンマはよくあるメンマ!?
しっかり味付けしてありラーメンの中にも存在感を感じさせます。

スープの表面に油膜があって最後まで熱々でいただけました。

さすが喜多方の人気店だけあって後引く美味しさはまた来ようと思わせます。
今度来る時は込んでる時間は避けて来るべき?


お店はこちら



住所:喜多方市字清水が丘1-11
電話:0241-23-1317
営業時間:11:00~14:00
       17:00~19:30
定休日:火曜日  


Posted by おきらく at 21:27Comments(2)福島県内

2008年09月17日

上海-喜多方

このブログをまた再開してみようと思います。

という訳で本日は喜多方での撮影でした。
それならば食べないわけには行かないでしょう!と、
まず1件目は課題店だった

『上海』さんへ

連食しようと思っていたのでオーソドックスな中華そばを注文!



澄んだスープの色が食欲をそそります。。

一口頂くと、鶏のうまみが口いっぱいに広がります!
こりゃうまい!とスープをたっぷり絡めて麺を頂くと、、、



モチモチした喜多方ならではの太麺にパンチのある鶏が絶妙なバランス!

チャーシューもしっかりとした味付けで大変美味しく頂きました。
細切りのメンマも箸休め的な意味合いではなく、
麺を食べている時にちょっとした食感の違いやほんのりメンマ味を感じながら食べると良い感じです。

久しぶりに鶏のうまみが凝縮したラーメンに出会えたと思います。


お店はこちら



上海
住 所:喜多方市字2丁目4650 
電 話:0241-22-0563
定休日:木曜日
  


Posted by おきらく at 14:36Comments(2)福島県内